二十四節気について

季節のめやすされてきた二十四節気が、今、見直されつつあります。 二十四節気は太陽の黄道を二十四等分した目盛りで、毎年、ほぼ一定しています。 旧暦では平気法で冬至を起点としていましたが、現在は春分をゼロ起点とする定気法で計算されています。各節気は約十五日毎で、それぞれふさわしい名前がつけられています。 現在、私達が使用している世界基準のグレゴリオ暦にはない、日本ならではの季節を知ることができます。ぜひ、五感を使って自然を感じるためのヒントに、お役立て下さい。

立春(一月節)
2月4日頃。厳しい寒さの中に、ふと春の気配が感じられるころです。旧暦の元旦は、立春前後の新月の日です。雪どけの大地に明るく黄金色に輝く福寿草の別名は元日草、朔日草(ついたちそう)。旧暦正月(2月頃)に咲くため、この名があります。

雨水(一月中)
2月19日頃。雪が雨に変わり、凍っていた土が潤い始めることからこの名があります。命を育む大地の鳴動を感じるころです。草木は一斉に芽吹き始め、梅は見頃を迎えます。雪の中でも芳しい香りを放つ梅は、辛抱強く学ぶ人、知性の象徴です。

啓蟄(二月節)
3月6日頃。陽気に誘われ、土の中で冬ごもりしていた虫や蛙が、地上に這い出すころ。初めて雷がとどろき始めるときに重なるため、この頃の春雷(しゅんらい)を「虫出し」ともいいます。春は風とともにやってきて、次第に雨が多くなる季節です。

春分(二月中)
3月21日頃。春の彼岸。昼と夜が同じ長さになるとき。暑さ寒さも彼岸まで。ようやく寒気が遠のいて、暖かい日が多くなりますが、天候は崩れやすく、強風が吹きます。三寒四温、花冷えの季節。春分をすぎるとまもなく、桜がほころび始めます。

清明(三月節)
新暦4月5日頃。春うららかに、山河草木(さんかそうもく)が清く明るく、輝く季節です。蝶が舞い、花の盛りを迎えます。雁や鴨などの渡り鳥達は北へ帰り、南から燕が飛来する頃。また寒暖の差から水蒸気が発生し、昼は霞み、夜は朧月となります。

穀雨(三月中)
4月20日頃。春の最後の節気。百穀を潤すといわれる慈雨の季節です。雨が大地を十分に潤し、苗の成長を促すことから種蒔きの好機とされ、この名があります。長く続く雨は菜の花が咲く季節に重なることから、菜種梅雨(なたねつゆ)ともいいます。

立夏(四月節)
5月6日頃。風薫る、一年でもっとも爽やかな初夏の季節です。陽気が増して、うっすらと汗ばむような薄暑が続きます。人の装い、水の光、すべてが眩しく、夏めいていくころ。風に揺れる青柳、青楓など目にしみるような新緑が美しい季節です。

小満(四月中)
5月21日頃。草木が勢いよく成長し、天にも地にも陽気が満ち始めるときです。麦が実りのときを迎えることから、麦秋(ばくしゅう)ともいいいます。薔薇の古名は長春花(ちょうしゅんか)。春が過ぎても長く咲くことからこの名があります。

芒種(五月節)
6月6日頃。田植えの開始時期にあたります。芒種から5日後の6月11日頃から約30日が、日本の雨期です。梅の実が黄ばむ時期に重なることから、梅雨と呼ばれています。苗の成長には欠かせない雨です。甘雨、慈雨、瑞雨(ずいう)ともいいます。

夏至(五月中)
6月21日頃。一年でもっとも昼が長くなるときですが、梅雨の真っ最中に迎えるためあまり実感はありません。田んぼの苗がよく育つときです。夏至から十日後に設定される雑節、半夏生(はんげしょう)が田植えを終えるめやすとされてきました。

小暑(六月節)
7月7日頃。梅雨明けとともに熱風が吹き始め、ようやく本格的な夏を迎えます。カラっとした晴天が続くため、湿気を払う虫干しの好機とされてきました。暑中見舞いはこの日から立秋の前日までです。虫干しに猫も干されていたりけり 蕪村

大暑(六月中)
7月23日頃。厳しい暑さが続くころ。時折、激しい大雨が降って、夏枯れの大地を潤します。夕涼みが楽しめる季節です。昔の人は川沿いを歩き、川から吹く冷風で涼みました。夏の最後の節気です。鰻を食べて滋養をつける土用の時期でもあります。

立秋(七月節)
8月8日頃。日中はかなり厳しい暑さが続きますが、早朝かすかに涼風が漂い始めるのがこの頃です。夏のピークを過ぎたことを告げるひぐらしが鳴き始め、日が沈むと虫の音も聴こえてくるようになります。この日からは残暑見舞いになります。

処暑(七月中)
8月23日頃。暑さがようやく和らぎ始め、稲は黄色く変色し始めます。収穫前のこの季節は台風に見舞われることも多く、二百十日(9月1日頃)と二百二十日(9月10日頃)を注意日とされていました。野分(のわき)は草を押し倒す強風です。

白露(八月節)
9月8日頃。花は春の季語、花野といえば秋の季語になります。秋草が小さく可憐な花をつける季節です。朝夕の気温が下がり始め、草に宿る白露にはっきりと秋を感じるころ。虫の音は日毎に盛んになり、命の流転、もののあわれを感じさせます。

秋分(八月中)
9月23日頃。秋の彼岸。昼と夜が同じ長さになるとき。雷が鳴らなくなり、夕立ちも降らなくなります。金木犀が香り、天高く澄みわたる秋晴れの季節。月も冴えて輝きを増してくるころ。中秋の名月は旧暦葉月の十五夜、今年は9月15日です。

寒露(九月節)
10月9日頃。虫の音も次第に盛りを過ぎ、野歩きの足元を濡らすのは、露時雨(つゆしぐれ)。その露が冷たく感じられるころです。芋、栗、柿など秋の実りを迎え、収穫を祝う祭の季節でもあります。旧暦長月の十三夜は、栗名月(10月11日)です。

霜降(九月中)
10月24日頃。朝夕の冷えこみがぐっと増して、山里では初めて霜が降り始めるころです。紅葉も見ごろを迎え、静かに降る冷たい霧雨が黄や赤をより一層、鮮やかに染め上げます。晩秋の木の実に集まる小鳥もにぎやかな、秋の最後の節気です。

立冬(十月節)
11月8日頃。大地がゆっくりと凍り始めるときです。初冬に吹く強い季節風が「木枯らし」。冷たい北風が、紅葉した木の葉を一気に散らし始めます。かと思えばまったく風もなく、まるで春が来たかと思うようなおだやかな小春日和も訪れます。

小雪(十月中)
11月23日頃。都会に雪は降りませんが、山の峰はそろそろ雪で覆われるころです。日毎に冷えこみが増し、冬の気配が増してきます。木々はに葉を落とし、枯木立の世界となります。茶の湯では炉を開き、新しい茶壺の口を切る「口切り」の季節です。

大雪(十一月節)
12月7日頃。ますます陽射しが弱まり、山の雪が溶けずに積もり始めて、本格的な冬を迎えます。この頃に熊などの森の動物は冬眠に入ります。花や緑の少ない冬枯れの季節ですが、北から飛来した渡り鳥たちが水辺の景色を彩ります。

冬至(十一月中)
12月22日頃。一年でもっとも昼が短い日。寒気は増していきますが、この日を境に弱まっていた太陽の力がわずかに増していくことから、一陽来復ともいいます。丸くて黄色いゆずは太陽の象徴、その力にあやかってゆず湯の風習があります。

小寒(十二月節)
1月6日頃。この日から寒の入り、新暦正月を過ぎた頃に、本格的な寒さがやってきます。この日から節分までの約30日間が「寒の内」になります。「小寒の氷、大寒に解く」という故事もあるように、年間でもっとも寒く感じられる日もあります。

大寒(十二月中)
1月21日頃。冬の最後の節気です。凍てつくような厳しい寒さが続きますが、木々の芽は膨らみ始め、大地はゆっくりと春に向い始めているのを感じることができます。最終日が、一年の節目とされる節分です。臘梅の花が咲き始めます。

 

 

前のページへ次のページへ
最新情報 和暦日々是好日 季節のTo Do ノート 13の月の暦 書籍・小冊子 二十四節気 七十二候 季節のめやす 和文化コラム リンクサイト販売店リスト

★4点まで送料無料です。

4点以上の場合は、
買い物カゴで確認できます。

amazonからも購入できます



和暦日々是好日2016(カバーなし)


和暦日々是好日2016カバーつき(若草)


3month To Doノート


特定商取引法に関する表記

Lunaworksについて

地営業
スタッフブログ
暦生活

和暦コラム連載中です

お問い合わせはこちらから
info@lunaworks.jp

発送時期、引き出物、まとめ注文などのご相談も承っております。

オーダーページはこちらから。
2013年版、割引価格で販売中です。