月名と季節感

 旧暦の日付は現在の新暦に比べて約1ヶ月のズレがあります。かつての日本の一年の始まりは、梅がほころび始める立春(2月初旬)に近い新月の日でした。現在の1月は旧暦の師走頃にあたり、本格的な寒さはそのあとにやってきます。二十四節気では小寒、大寒の季節です。七草を食す旧正月七日は春いちばんの若菜摘みの季節でした。現代生活には不合理と思われがちな旧暦ですが、実際の季節を知るには、むしろ旧暦の方が的確な面があります。長い年月をかけて積み上げられてきた歳時記には二月の候に初春、三月の候に如月と併記されているのが現状です。たとえば旧暦皐月は現在の6月頃にあたります。五月雨月ともいうように長雨が続く季節です。田植えのときを迎え、苗には欠かせない恵みの雨。そして旧暦六月の水無月は現在の7月頃に相当し、暑さで水も枯れ果てることからきています。「和暦日々是好日」では、各月の異名や各月を代表する季語を紹介しています。

睦月の雅名 太郎月 子の日月 霞初月 早緑月 初春月 端月 初春
如月の雅名 梅見月 初花月 小草生月 木の芽月 雪解月 麗月 仲春
弥生の雅名 夢見月 染色月 桜月 花月 春惜月 雛月 竹春 晩春
卯月の雅名 鳥待月 夏初月 花残月 清和月 木の葉採月 麦秋 初夏
皐月の雅名 雨月 五月雨月 梅月 橘月 月見ず月 早苗月 仲夏
水無月の雅名 蝉の羽月 風待月 常夏月 涼暮月 鳴神月 夏越しの月 晩夏
文月の雅名 秋初月 女郎花月 桐月 七夜月 愛逢月 涼月 初秋
葉月の雅名 萩月 秋風月 木染月 燕去月 雁来月 月見月 清月 仲秋
長月の雅名 菊月 竹酔月 夜長月 寝覚月 小田刈月 紅葉月 晩秋
神無月の雅名 時雨月 初霜月 醸成月 神在月 吉月 初冬
霜月の雅名 顔見世月 神帰月 神楽月 霜見月 雪待月 一陽来復 仲冬
師走の雅名 限月 極月 三冬月 雪月 春待月 梅初月 臘月 晩冬

日本独自の風土や自然の描写から誕生した月名です。睦月、如月…といった代表的な呼び名だけでなく、さまざまな月の名称がありました。こうした呼び名からも旧暦の季節感を知ることができます。旧暦の各月は必ず新月を迎える日、朔(さく)から始まり、望(ぼう)の満月を中心に、月が隠れる晦日(つごもり)までをひと区切りとする月の満ち欠けに忠実に設定されています。ですから旧暦八月十五日は必ず満月となります。三月三日は必ず三日月となり、七月七日は毎年上弦の月で、天の川がよく見える初秋の空でした。生活行事や歴史、文学も旧暦のリズムを頭に入れておくと、より理解しやすくなります。

睦月が初春、卯月が夏の始まり、文月が秋の始まり、神無月が冬の始まりにあたります。

前のページへ次のページへ
最新情報 和暦日々是好日 季節のTo Do ノート 13の月の暦 書籍・小冊子 二十四節気 七十二候 季節のめやす 和文化コラム リンクサイト販売店リスト

★4点まで送料無料です。

4点以上の場合は、
買い物カゴで確認できます。

amazonからも購入できます



和暦日々是好日2016(カバーなし)


和暦日々是好日2016カバーつき(若草)


3month To Doノート


特定商取引法に関する表記

Lunaworksについて

地営業
スタッフブログ
暦生活

和暦コラム連載中です

お問い合わせはこちらから
info@lunaworks.jp

発送時期、引き出物、まとめ注文などのご相談も承っております。

オーダーページはこちらから。
2013年版、割引価格で販売中です。